高齢者にとってすみやすい?

次はシニア層がタワーマンションに暮らすメリットを考えてみたいと思います。

高齢になると、戸建て住宅よりもマンションに住んだ方がメリットが大きい場合があります。それは、マンションの方がワンフロアの平面で暮らすことができて、動線がよいこと。また、住まいの管理が簡単であることなどがあげられます。

戸建て住宅で庭があるなら、庭の手入れもしなければいけません。しかし、マンションは専有部分が室内となるので、室内の清掃をしていればよいことになります。

また、防犯面も戸建ては開口部がいくつもあるので、それだけ用心しなければいけませんが、マンションの場合、基本的に玄関の鍵を閉めればよいことになります。

また、タワーマンションはセキュリティ対策もしっかり取られていて、エントランスはオートロック、テレビモニター付きインターホンなどは当たり前の設備として採用されています。

タワーマンションは駅近の再開発地区などに建設されることも多く、駅近で交通アクセスがよい物件も多くなっています。駅近の物件であれば、シニアになってもアクティブに生活することができるでしょう。

さらに、病院などの施設も周辺に充実していることも多いので、シニアにとってもタワーマンションは快適な住まいだということが言えるでしょう。
関連情報・その他おすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加