タワーマンションは低層階、中層階、高層階どこが住みやすい?

★Q:タワーマンションは低層階、中層階、高層階どこが住みやすいのでしょうか?

★A:タワーマンションは低層階、中層階、高層階それぞれ住み心地が違います、どの階数が住みやすいのかは、その人のライフスタイルによって異なってきます。そこで、ここではそれぞれの特徴についてご紹介しましょう。

低層階

タワーマンション特有の眺望の良さという面では満足は得られないかもしれませんが、低層階は外出しやすいというのが一番の利点です。比較的アクティブに動きたい若い世代の人には低層階も悪くないと思います。眺望にこだわらなくても、タワーマンションならではのセキュリティの良さやロケーションの良さなどのメリットは享受できます。

中層階

タワーマンションの7階〜15階が中層階となりますが、このあたりの階のメリットは適度に眺望も楽しめて、高層階ほどマンションを出るまで時間もかからないということです。また、高層階になると場合によっては眺望が空だけになるというところもあるようですが、中層階であればソファに腰掛けて外を眺めても街の景観を眺めることが多いようです。

高層階

高層階に住めるのはタワーマンションならではの醍醐味です。しかし、高層階に住むことで外出の機会が減ってしまうという人も多いようなので、家の中でゆったりと過ごすことが好きな人に向いているかもしれません。また、高層階は空に近いため、景観もとても雄大で爽快な眺望になります。このような眺めを望む人は高層階に住むのがよいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加