タワーマンションと方角

通常のマンションではあれば南向きの間取りにこだわって購入したいという方も多いのではないでしょうか?ではタワーマンションの場合はどうでしょう?

タワーマンションの間取りの方角

タワーマンションは開口部が東西南北の4方向に取られている間取りがあります。一戸建ての敷地の場合、東南角地が人気ですが、通常のマンションでもやはり南向き、東向きの人気が高いようです。

西向きの間取りは西日が射すことになるので、夏の午後はとても暑くなります。また、午前中に日が当たらないので洗濯物の乾きが悪いということも人気がない原因かもしれません。しかし、タワーマンションの場合は洗濯ものはベランダに干してはいけない物件が多く、多くのお宅で浴室乾燥機や洗濯乾燥機を使用しているので、洗濯物が乾きにくいという問題はクリアできそうです。

また、北向きの間取りは陽射しが得られないことが一番のデメリットです。冬場はとても寒い印象があります。しかし、タワーマンションの場合はほとんどの住戸が、上下左右を住戸で囲まれていますし、機密性も高いので戸建て住宅と比較すると暖かいようです。

また、北向きだと暗いのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、タワーマンションは開口が大きく取られていることが多いため、たとえ北向きでも採光は充分だと言えます。かえって北向きの間取りは価格設定が低くなっていることも多いため、お買い得という利点があります。

以上のように通常、避けられがちな西向きや北向きの間取りであってもタワーマンションであればさほど問題がないように思います。むしろ、タワーマンションの場合は方角よりも眺望の良さが重視される場合もあるようです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加