タワーマンションと地震

次はタワーマンションに関する様々な心配事についてお答えしたいと思います。

タワーマンションの地震対策

2011年3月11日は私達日本人にとって忘れられない日となりました。東日本大震災により改めて日本が地震大国であることを思い知らされた日でもあります。

東日本大震災直後はタワーマンションの販売は控えられていましたが、一年も経つと各不動産会社とも販売を再開。販売する物件の売れ行きは好調だと言います。その理由の一つにあの地震があったからこそ、住宅各社がさらに震災対応を強化し、それを消費者に丁寧に説明し、納得してもらえたという構図が正しいのでしょう。

もともと、タワーマンションでは地震の際の揺れに対しても免震構造を導入するなど、地震対策は取られていましたが、それに加えてさらに震災時に備えた対応が取られているようです。例えば敷地内に備蓄倉庫を設置したり、非常用トイレの用意をするタワーマンションもあるようです。また、電気が使用できなくなった場合に備えて非常用発電機の能力を増強する物件も登場しているようです。

さらに、タワーマンションが建設されるエリアはもともと、都心からの距離が近いこともあり、仕事場から歩いて帰ることも可能ということで、帰宅難民を避けることができるという側面もあります。

このような状況から地震に対する不安も払拭できつつあると考えられます。ただ、免震構造でもやはりタワーマンションの地震の揺れは大きくなることが予想されるので、家具をきちんと固定するなど、自己管理も大切なことを忘れないでください。
関連情報・その他おすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加