タワーマンションの魅力 資産価値とエリア

タワーマンションの魅力その3…「資産価値」

タワーマンションの魅力には住まいとして魅力だけでなく、資産価値という側面もあります。住まいは一生涯のうちで最も大きな買い物の一つだと思いますが、せっかくの大きな買い物ですから、少しでも価値あるものを手に入れたいと思いませんか?

その点タワーマンションは中古になった時も値下がりしにくいという資産価値からしてもうれしいメリットがあります。次に新築分譲マンション全体の築10年経った時の価格維持率とタワーマンションの築10年経った時の価格維持率をご紹介します。

新築分譲マンション全体VSタワーマンション 価格維持率

●新築分譲マンション全体…築10年の価格維持率 65.5%
●タワーマンション…築10年の価格維持率 73.4%
このように築10年経った時点で約8%もタワーマンションの方が価格維持率が高いことがわかります。タワーマンションは希少価値があることなどから、たとえ低層階や中層階の部屋であっても価格の下落は少なくて済むということです。

タワーマンションの魅力その3…「供給エリアのバリエーション」

かつては都内中心だったタワーマンションですが、2007年以降は神奈川県での供給も目立つようになってきました。例えばみなとみらい地区。横浜のお洒落な街なみにいくつものタワーマンションが立ち並んでいます。横浜から都内までも電車で30分ほどですから、都内に通勤・通学している人達にも便利なアクセスです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加